北陶の作家

  • 飯田雪峰

    1941年 石川県鳳珠郡能都町出身。
    少年期より郷里を離れ、花芸修行の後、
    造形の途を陶芸に求める。

    1974年 陶芸工房北陶の開設に参加。
    1984年 有限会社北陶を設立。

    陶芸教室を開講し、創作活動とあわせ、
    北陸一円の愛陶家の指導にも当たっている。


    Seppou Iida was born in Noto City in 1941.
    After leaving his hometown in childhood and training in floral design - a traditional Japanese art form - Iida began to pursue pottery.
    In 1974 he co-founded the Hokutoh Pottery Studio. Ten years later, Hokutoh was established as a limited liability company. In addition to holding courses and creating original works, Iida also provides guidance to artists throughout the Hokuriku region.

    飯田雪峰 Seppou Iida
  • 北村鶴代

    1957年 石川県小松市出身
    1980年 北陶・飯田雪峰に師事。

    日展入選、現代工芸展本会員賞、
    現代美術展最高賞他、受賞暦多数。

    日展 会友
    現代工芸美術作家協会 本会員
    石川県美術文化協会 会員
    石川県陶芸協会 会員


    Tsuruyo Kitamura was born in Komatsu City in 1957.
    She joined Hokutoh in 1980, when she apprenticed under Seppou Iida. Kitamura has exhibited her works at Nitten, and her numerous awards include the Modern Industrial Arts Exhibition Members’ Award and top honors at the Contemporary Art Exhibition.
    Kitamura is a Nitten Fellow and a member of the Modern Industrial Artists Association, Ishikawa Prefectural Arts and Culture Association, and the Ishikawa Prefectural Pottery Association.

    北村鶴代 Tsuruyo Kitamura
  • 飯田倫久

    1972年 石川県金沢市出身。
    1991年 石川県立工業高等学校 工芸科卒
    同年、父・飯田雪峰のもと北陶へ。陶芸の道に入る。

    日展入選、現代工芸展本会員賞、現代美術展最高賞、
    世界工芸コンペグランプリ他、受賞暦多数。

    日展 会友
    現代工芸美術作家協会 本会員
    石川県美術文化協会 会員
    石川県陶芸協会 会員
    金沢市工芸協会 会員


    --> 飯田倫久 Michihisa Iida